位置・自然

 悪石島は,トカラ列島5番目の島で,鹿児島市より南下すること292.5km,北緯29度26分,東経129度38分に位置し,島の面積7.49ku,周囲12.64km,北西部には標高584mの「御岳(みたけ)」がそびえ,その麓には温泉が湧き出し,島民の憩いの場になっている。

 島の大部分は琉球竹に覆われているが,その中には,ガジュマル・アコウ・ビロウ・タブ・イヌマキ・シイなどの自然林があり,マルバサツキ・エビネ・ナゴランなども自生している。また,天然記念物に指定されている「アカヒゲ」をはじめ,メジロ・ウグイス等が数多く見られる。さらに,カラスアゲハやツマベニチョウ等の種々の蝶も土着している。

悪石島での暮らし

 人口は75名(男41・女34),世帯数41戸(平成29年4月末現在)である。

 主な職業は,民宿経営・畜産・漁業・建設会社の工事従事者・九州電力委託職員・役場出張員・診療所看護士・商店(1軒)等である。

教育・文化

 児童・生徒が少ないため,学校への期待は大きく,学校へは協力的である。また,運動会・学習発表会・一日遠足等は,学校と地域が一体となって実施している。

 生徒は中学校卒業後,全員悪石島を離れて鹿児島市等の高等学校へ進学している。

 公共施設としては,コミュニティーセンター・公民館・診療所等がある。

地図


大きな地図で見る